ブスにはブスのやり方がある

ブスにはブスのやり方がある3巻ネタバレ/「ブス」に生まれた女の子の壮絶過去

ブスにはブスのやり方がある3巻

ブスミと呼ばれた女の子・愛美によるイジメ復讐劇!

「ブスにはブスのやり方がある」

この記事では「ブスにはブスのやり方がある」3巻のネタバレ感想を紹介します♪

 

2人目のターゲット・杏への復讐が描かれた「ブスにはブスのやり方がある」2巻は精神的にもかなりくるやり方でしたね><

3巻では愛美の過去が更に明かされます。ここまで復讐に燃える理由とは・・・?

「ブスにはブスのやり方がある」3巻ネタバレスタートです^^♪

 

「ブスにはブスのやり方がある」3巻のあらすじネタバレ♪

ファーストキスも、初体験もイジメの一環だった愛美。

その時の光景がフラッシュバックする・・・

 

中学校の休み時間。

「あっ・・・あのっ」

クラスメイトの山田君が愛美に声を掛ける。

 

男子からの呼び出しを受け、サッカー部室に駆けつけた愛美。

そこで行われていたのは、愛美を使った罰ゲームだった。

「キース キース!」

嫌がる愛美。

しかし、それ以上に嫌がっていたのは山田君だった。

「こんなブスとキスするくらいなら死んだほうがマシだ・・・」

 

___

物心つくころから、自分は違うとい感じていた愛美。

女子からは精神的苦痛を、

男子からは肉体的苦痛を受けてきた。

 

「ブス」

 

皆がそう言う。

 

「おとうさん。わたしってブスなの・・・?」

そう問いかける小学生の愛美を、父はギュッと抱きしめるだけだった。

 

写真でしか知らない母親。

彼女もまた愛美と同様ブスだった。

ブスの赤ちゃんが生まれて悲しくなかったの?

お母さんはブスなのにどうして笑ってるの?

写真の中の母は何も答えてはくれない・・・

 

希望を失くし自殺の名所の岬に向かった愛美。

そこで見た光景によって彼女がとった行動が思いもよらぬ方向に・・・!?

 

「ブスにはブスのやり方がある」3巻の感想→愛美の過去が辛すぎる。

「ブスにはブスのやり方がある」3巻を読んでの率直な感想・・・すごい悲しい><

ブスに生まれて・・・

「ブスにはブスのやり方がある」3巻は、愛美の悲しすぎる生い立ちが描かれていました。

漫画を見ると分かるけれど、子供時代から可哀想なくらいブスです。。。

間違っても、可愛い子!ではない。

そして、愛美もそれを自覚しています。

人には誰にだってコンプレックスはあるものだけれど、それが際立ってしまっているのは子供ながらにしてとても辛いですよね><

私の場合、中学生時代から物凄い脂性肌で、顔面ニキビだらけだったのがコンプレックスでした。

それを理由にいじめられたりはしなかったけれど、男子から避けられたりしていたのは気づいたし、周りがおしゃれに目覚める中、化粧なんかできる状態じゃなかったのは恥ずかしかったのを覚えています。

肌の悩みなんか、いつか治る!って思えるけれど・・・

ブスに生まれて、ブスと言われ続けて・・・その日常が永遠続くって本当に辛いよね><

 

お母さんの愛情を知らずに育っているのも可哀想な所。

たった一人でも「あなたは可愛い私の子だよ」と言ってくれたら・・・

 

愛美の過去を知ると、「整形=悪」とは思えないなぁ。

整形大国の韓国みたいに「整形するのがあたりまえ」っていう文化はあまりしっくりはこないけれど、でも愛美のように生まれ持った顔のせいで悲しい人生を送ってほしくないな・・・と感じました><

 

優との出会い

「ブスにはブスのやり方がある」3巻の最後、優との出会いが描かれていました。

優は愛美の声を聴いただけで「美しい!」と答え、愛美を特殊家政婦として採用します。

「特殊家政婦」って・・・?

しかも月給100万って・・・!?

愛美と優との間の秘密、これからもまだまだ暴露されそうですね!

 

「ブスにはブスのやり方がある」3巻のまとめ♪

「ブスにはブスのやり方がある」3巻では、愛美の幼少期~優との出会いまでが描かれていました。

4巻では、ついに3人目のターゲットへの復讐が開始されます><

 

「ブスにはブスのやり方がある」4巻のネタバレはこちらでチェック♪>>