カラミざかり

カラミざかり12話ネタバレ感想!年上男性に乳首を摘ままれて…

桂あいり作品「カラミざかり」の3巻が配信スタート!

12話のネタバレ感想をご紹介します♪

 

「カラミざかり3」11話で知らない男達に犯されてしまったリホとトモノ。

4人の関係性が変わってきて、12話では遂にコウセイとタカシがいないw

ネタバレありで紹介していきますね♪

 

▼▽無料試し読みは画像クリック♡▼▽

「カラミざかり3」第12話あらすじネタバレ♪

第12話

「3人で手つないで行かない?」

年上男性の危険な魅力にはまっちゃうJK達・・・♡

年上男性にときめいて・・・

花火大会の一件があってから、なんとなく連絡を取り合わなくなった4人。

2人で買い物にでかけていたトモノとリホは、街中でクラスメイトのアンナに出会う。

Wデートで4人で遊びに行く予定が、友達にドタキャンされて困っていた。

 

デート先が心霊スポットと聞いて、最初は嫌がったトモノ。

しかし、アンナの彼氏が連れてきた友人(藤野 和紀)にときめいたトモノは、リホの意見も聞かずに一緒に行くことに決める。

 

藤野の車で向かった先は、日没後の廃村だった。

 

アンナと彼氏はイチャつきながら2人でどんどん先へ進んでいく。

 

その後ろを、藤野とトモノ、リホがのろのろと歩いていく・・・

 

(ガサガサ・・・)

「きゃぁぁぁー!!!!」

野生動物なのか、突然物音がして藤野に抱き着くトモノ・・・

 

トモノの頭を優しくなで、背中をさする藤野。

 

「3人で手をつないで行かない?」

 

トモノと藤野とリホは、手をつないで暗闇を歩き始めた。

見つからないように触り始める手・・・

目的の廃墟まで歩き進める3人。

度々物音に怖がるトモノに、藤野はボディータッチをし始める。

 

リホと会話をしながらも、藤野はトモノを触り出す。

 

トモノの様子がおかしなことに気付いたリホ。

肩に回した藤野の手は、トモノの乳首をつまんでいた・・・

 

廃墟につくと、藤野はトモノを外に置いたままリホを家の中に連れ込んだ。

胸を揉み、パンツの上から触り出す藤野。

リホもキスに応じて・・・

 

続きは本編で見てね♪

↓フルカラー&無料で試し読み↓


▲クリック後1秒!▲
カラーでエッチ見れちゃうよ♡

 

「カラミざかり3」第12話感想♪

12話は、大人の魅力を味わう女子のトロ~っとした様子が♡

分かる~!!!!

今まで高校生男子の野性味あふれるセックスシーン満載だった「カラミざかり」でしたが、少し雰囲気が変わりましたね♪

年上男性の魅力♡

「年上と年下。付き合うならどっち?」

私は断然年上です><♡!!!!

 

高校生の時はとくに、年上の男性がめちゃくちゃ好きだったな~♪

今回登場する藤野という男。

アンナの彼氏が大学生の設定なので、藤野もきっと大学生だと思うんだけど・・・

まず肉食っぽさを出してないビジュアルがいいよねw

トモノも藤野の見た目にまずキュンってしたのがよく分かる!

(タカシには一切キュン!しなかった私w)

  • 運転ができるのがかっこいい♪
  • 女の子扱いしてくれる♪
  • 包容力がある♪
  • 優しそうに見えて実はエッチ・・・♪

そんな部分に、トモノはもうすでにトロトロになってます><♡

隣に友達がいるのに・・・キュン><♡

3人で手をつないで歩いているとき、藤野はリホに気づかれないようにトモノの乳首を弄ってましたよね><

キャー!この展開超濡れる・・・♡

 

友達が寝てる隣で・・・とか、友人に気づかれないようにいたずらされるってすっごい興奮する~♡

友達と部屋で飲んだ時に、べろべろに酔っぱらっちゃったことがあったんですけど、

気づいたら友達が寝てる横でセフレに弄られてたことがあって・・・めちゃくちゃ興奮しました♡

友達にバレないようにエッチなことした・・・と思ってるけど、たぶんこれバレてますよねw

トモノもバレてないって思ってるかもだけど、リホは気づいてますよ~♪

 

にしても・・・

トモノってすぐにエッチな展開に持ち込まれがちですよねw

12話ではセックスシーンは無かったけれど、13話はもう確実に食われてるフラグが・・・

 

11話の最後も、トモノが助手席に乗っちゃってる辺りエッチな香りがプンプンです♪

12話でじっくりお楽しみ下さい^^♪

↓フルカラー&無料で試し読み↓


▲クリック後1秒!▲
カラーでエッチ見れちゃうよ♡

 

「カラミざかり3」13話はどうなるの?!

13話は相当エッチな展開になってます♡

10話以上に、これは抜けますわよ♪w

 

13話のネタバレあらすじ紹介はこちらからどうぞ♪

13話のネタバレを読む>>