子宮を貸して

子宮を貸して1巻ネタバレ~代理出産という選択~

8年間の不妊治療の末、子供を授かることができなかった主人公円花が代理出産という選択する「子宮を貸して」。

この記事では「子宮を貸して」の1巻のネタバレ感想を紹介します♪

「子宮を貸して」1巻では円花が妹の茜に代理出産を依頼、その代わりに求められたとんでもない代償とは?!

「子宮を貸して」1巻のネタバレ感想を紹介します!

 

「子宮を貸して」1巻を無料で読めるサイトはこちら>>

 

「子宮を貸して」あらすじネタバレ紹介!

主人公三田園円花結婚10年目にして子供に恵まれず、来年40歳を迎えようとしています。

不妊治療も8年していたものの、どうしても子供を授かることはできませんでした。

久しぶりの同級生との集まりでは不妊治療のことを裕福の自慢だ、お金があっても子供がいないなんて女の価値はゼロだという心ない陰口を話しているのを聞いてしまいます。

本当はどうしても子供がほしかった円花。

不妊治療の最後には「代理出産しか方法がない」と主治医に説明をされていました。

同級生との集まりの後、夫の高志に子供が欲しいと涙する円花。

代理出産となると1500万以上かかること、今までの治療で2000万以上使っていて費用を賄いきれないと諭されます。

そんな円花が選択したのは妹の茜に代理母になってもらうこと!

妹の茜は若くして3人の子持ち。

生活も姉とは全く正反対。

茜には経済的余裕もなく、パートで家計を支える日々。

育児にも非協力的で、とにかく自分勝手なダメ夫との苦労の多い日々を送っています。

その上、姉にも少しお金を工面してもらっているという状態。

そんな茜に代理母のお願いにいく円花。

代償は500万。

頭を下げて懇願する姉をみて、心動かされます。

しかし、ずっと妬みの対象でもあった姉に茜はさらなる驚きの代償を姉に求めるのです!!

「子宮を貸して」1巻の感想~母となること・女性であることって~

「子宮を貸して」1巻を読んでの感想…

母となること、女性であることって結構コワい?でした。…

不妊治療の想像を絶する金銭的負担・女性からの不理解

主人公の円花は実はリッチな主婦。

でも子供がいない。

8年間の不妊治療の末、使ったお金は2千万。

代理出産しかもう方法はありません、と主治医から告知を受け、子供がほしかったのに授かることなく今に至っている円花。

そんな円花は「ラクでいいわね」などと皮肉めいたことを同級生の友達に言われてました。

久しぶりの集まりなのに「不妊治療してるなんて金持ちであることを自慢して!」と陰口を言われる場面もあって、こわい!(>_<)と痛烈に感じました。

でも、ここに女性の本性というか、常に自分と比較して、自分よりいい何かを見つけると、どうしても妬みが生まれてくるのが女性の現実なのかなぁ、なんて感じてしまいました。

最後には「(円花は)女としての価値がない」という同窓生たちの陰口。

この言葉を読んで、

子供を産めないことは女性としての価値はない?え?そうなの?なんか随分、昔っぽい話。という自分がいました。

でも、もし、自分が円花の立場だったら、その言葉を「そうなの?昔っぽい話。」なんて受け取れるだろうか、と思ってしまいました。

そこに子供を授かることができなかった女性の心の痛みは、やっぱりその立場にたったことがないと分からないものに違いない、と思いました。

そして母になるって、女性としての価値に通じてしまうことなのか、

女性としての自分を揺るがすことなのか、

子供を産めないって、どれほどのことなのか、

女性であることと母になること。

いろいろ答えのない問いかけをされたような気持ちになりました。

円花と妹の確執?!二人が傷ついているところは一緒?

一方、三人の子供がいる妹の茜。

どうしようもないダメ夫と暮らしていて、経済的にもまったく余裕がない生活。

姉の円花に金銭的援助を頼むのもしばしば。…

挙句の果てには夫には一人の女性としての扱いもまったく受けていないという状況。

茜は幼い頃から姉と比較され育っています。

姉の方が美人で勉強ができて、ステキな旦那さんを見つけて結婚。

心の底では妬んでました。

夫との生活、姉との生い立ちで茜自身は「女として価値がない」と心のどこかで思っている女性。

上から目線としか感じられなかった優位に立ち続けた姉が「代理母になってほしい」と頭を下げる姿に心が揺れて、という流れです。

やっぱりここでも私が上?下?という世界が繰り広げられていて、女性ってやっぱり「マウンティング」せずにはいられないのかなぁなんて感じたりしました。

そして、頭を下げた円花が茜になんの気なしに放った「ないものを補いあえてよかった」という言葉。

茜の気持ちも考えようよーと感じたり。

でも、こんな場面、女性と女性の間では普通に繰り広げられている世界なんだなぁと改めて感じたりしました(;^ω^)

「子宮を貸して」1巻ネタバレ感想まとめ

以上、「子宮を貸して」1巻のネタバレ感想を紹介しました♪

今後の代理母である妹の茜の動きが気になるばかりです。赤ちゃんも無事に授かるのでしょうか?

それでは第2巻でまたお会いしましょう!