子宮を貸して

子宮を貸して3巻ネタバレ~いよいよ始まった姉妹の交換生活!~

「子宮を貸して」1巻から2巻で妹に代理出産を依頼した円花と代理母を受理した妹茜。

この記事では「子宮を貸して」3巻のネタバレ感想を紹介しています。

代理母となるその代償に500万円だけではなく、夫と家の交換を姉の円花に要求した妹茜。

そんな要求を受け入れた円花。

いよいよそんな入れ替え生活が始まった「子宮を貸して」3巻のネタバレ感想開始です!

 

今すぐ「子宮を貸して」3巻を無料で読みたい人はこちら>>

 

子宮を貸して3巻ネタバレ紹介!

妹の茜に子供の顔を見せれば、すぐに自宅が恋しくなり、交換生活は終わると思ってる円花。

急いで茜のアパートへ行くと、なんと子どもたちがほったらかしにされ、部屋の中はごみ屋敷状態で子どもたちは入浴すらしていない状態。

あまりのひどさに茜の夫に嫌悪感を抱く円花。

子どもたちを入浴させ、高志と円花、茜夫妻と子供たちと夕食を共にするものの、茜はまったく自宅にも未練のかけらもない状態。

ただ茜は赤ちゃんのために、とその理由を説明。

円花は納得して茜のアパートへ。

突然3人の子供の世話をしなくてはならず、忙しい毎日ながらも母になる日を楽しみに待ちます。

一方、茜の夫は茜の代理母の収入を充てにしてパチンコなどをしながら無職生活を楽しむ日々。

夜には子供たちと眠る円花の姿をのぞき見しますが、円花は気づきません。

茜は茜で炊事選択を高志に頼り切っている日々。

そんな妹にため息をつきながら見守る円花。

そんなある日、ある出来事が。…

 

今すぐ「子宮を貸して」3巻を無料で読みたい人はこちら>>

 

「子宮を貸して」3巻感想~茜のホンネは?~

「子宮を貸して」3巻の感想は率直に言って茜のホンネはどこにある?!でした!

いよいよ交換生活が始まって、好き勝手やりたい放題の茜。

茜のホンネがはっきりしないまま話は進行するものの、ラストシーンでようやくホンネが見えてきた?!という衝撃の展開でした!

 

あこがれの生活はやっぱり居心地がいい?!

毎日まいにちパートと三人の育児、そして夜はまったく協力的でない夫への奉仕と身を粉にして生活していた茜。

そんな茜は義兄の高志が身重だからと炊事洗たくと全て介抱してくれることに頼りっぱなし。

そんな妹にため息をつきながらも、やはり身重だからと無理をさせない円花。

大丈夫だから、と病院にも受診にもいかずにいる茜。

この茜のなまけ具合はいったいなんなんだ!!という感じ!

しかも子どもと食事会で会っても、まったく恋しがる様子もなくむしろ寂しがる子どもをママが病気を治すためにガマンしようと説き伏せていて。…

ええ~っ!茜さん、ママでしょう?!

子どもたちのためにもパートに家事に頑張ってたんじゃないのかぁ???とビックリ。

だいたい、あの夫とだけ別居生活送ればいいんじゃないのぉ???と思ってしまいました。

あこがれの生活にただ居心地がよくて、こんなことになっているの?それとも?!

と読んでいて、次々と疑惑の念がわいてきてしまいました!

 

気になる茜の高志への視線

もうひとつすごく気になるのが茜の高志への視線!

自分のダメ夫と比べて理想的な夫である高志。

穏やかで優しくて。…

一方、現実の茜の夫は仕事もろくにせず、育児も茜に任せっぱなし。

あげくの果てには夜になると茜の疲れや思いなどは無視。

自分の欲求を満たそうとするだけ。

女性としての立場なんて全く無視されまくり。

そんななか、「お姫様、どうぞ」なんてふざけて手を取ってくれる円花の夫、高志。

茜はだんだん高志に惹かれているのでは?!と思わずにはいられない感じ。

姉の円花にはどことなく素っ気ないし、言うこともきかないし、雑な扱い。…

まるで今までの生活の苦労のストレスを円花に投げ出しているよう。

(心配なのは茜のダメ夫に寝姿をのぞき見されたりしている円花!

いったいこの交換生活はどんなことになっちゃうの?!とハラハラドキドキ。)

茜は茜で初めて挨拶で会ったときの高志を思い出したり、優しくしてくれる高志のことを反芻していたり。

あれ?あれ?お義兄さんじゃないの?ステキなお義兄さんじゃないの?なんて思いながら読み進めていると、

衝撃的な出来事がおきてしまい、茜は高志にも重い選択を要求!

いったいこの妹って?!

 

「子宮を貸して」3巻ネタバレ感想まとめ

いよいよ佳境につつある?!みたいな感じになってきた「子宮を貸して」3巻。

でも、茜のホンネのところははっきりしないまま進行。

今までの生活に疲れて逃避してるのかなぁ、なんて感じもありつつも、姉の円花へのあたりの強さや円花の夫への視線とか気になるところが満載。

いったいこの先、どんな展開になるの?!と読み進めていたら衝撃のラスト!

4巻が待ちきれない「子宮を貸して」でした!

 

今すぐ「子宮を貸して」3巻を無料で読みたい人はこちら>>