子宮を貸して

子宮を貸して4巻ネタバレ茜と高志は秘密の関係に?!新たな人物も登場!

子供を授かる為には代理出産しかない!と言われた円花。

妹の茜に代理出産を依頼し、その代償として家と夫を交換した「子宮を貸して」

「子宮を貸して」3巻ではせっかくアメリカで人工授精して妊娠した妹が流産してしまう、というラストでした!

この記事では「子宮を貸して」4巻のネタバレ感想を紹介します。

いよいよ子宮を貸して4巻のはじまりだよ!

 

子宮を貸して4巻あらすじネタバレ紹介

3巻のラストではせっかくお腹に宿った赤ちゃんを早期に流産してしまった茜

病院では超早期の流産で受精卵に異常が起きた為です、と説明されて月経と同じと診断されます。

同時に卵子が古くなっているから、出産を計画するなら早急に、と医師に言われてしまいます。

この事態をどうしていいか困り果てる円花の夫高志と茜

茜は夫も失業している今、代償の500万円を手に入れないと生活はできず、再度、アメリカへ行ったところで卵子が老化している以上、同じ結果になりかねないと考えます。

そんな茜は自分が高志の子供を宿すのが一番いい、と考え、高志に関係を迫ります。

高志も茜の話と日頃の円花との欲求不満も重なり、ついつい関係をもってしまいます。

夫との不満だらけの夫婦生活にうんざりしていた茜、そして高志は子作りのため、という大義名分のもと関係を重ねてしまいます。

そんな中、円花はかつての不妊治療の時に知り合いになった斎藤満子と再会。

茜は無事に高志の子供を妊娠します。

けれど、茜の気持ちにも変化が現れ、斎藤満子も何やら円花に思うところがあるようで動きはじめていて。…

いったいどうなっちゃうんだ!

 

子宮を貸して4巻感想~ほんとにいいのか!茜と高志!~

子宮を貸して4巻の率直な感想はホントにいいのか!茜と高志!でした。

いやはや衝撃の3巻ラスト。

下着姿で姉のために、と関係を迫る茜に驚く高志!というシーンでラストを迎えました。

茜と高志、とうとう一線を超えてしまう?!

4巻ではまさか!の展開。

まさか、まさか高志と茜が一線を超えてしまうなんて!!

そんなのアリですかぁ?!と叫びたくなってしまった!!

円花の為に子供を、という大義名分を掲げながらも、日ごろの不満からお互いを求めあってしまう茜と高志。

これってマジメに不倫でしょぉー!

ということに!!

しかも茜がどんどん自分のダメ夫と高志を比べて、高志さん好き!っぽくなっているし。

二人の「赤ちゃんは元気」というウソの話とウソのエコー写真に円花は涙しているし。

この茜と高志の関係はどこに終着点をもっていくんですかぁっ???

と、ついつい文句を言いたくなってしまう展開でした。

 

円花は円花で新たなピンチ?!満子の出現!!

円花はそんなことが起きてるとはまったく知らずに、茜の子供たちの面倒を見るのに追われ、赤ちゃんが無事と聞いて嬉し涙を流すというありさま。…

円花、円花、しっかりしてぇー!ピンチだよ!ピンチ!

しかも、茜のダメ夫ときたら、気に食わないことがあると子どもに手を挙げる本当にイヤな奴で、相変わらずスケベジジィぶりを発揮。

危機一髪の円花がリモコンで茜の夫を殴りつけ、子供にしたことをやり返してやっただけ!と言い放つところではスッキリ!

でも、子供たちと散歩中に偶然であった斎藤満子。

実は円花の不妊治療仲間で、どうやら円花の治療を継続できる立場を妬んでいた様子。

円花、女子の妬みは怖いよぉー!!と、教えたくなってしまう。

そして、また波乱の予感。

しかも、満子は高志と茜のとんでもないところに偶然出くわしていて。…

どうする?どうする?円花!!

もし、高志と茜の関係を知ったら、茜のお腹の赤ちゃんはどうなるの?

そして、これだけ赤ちゃんのことに夢中になっている円花の心も真実を知ったらどうなっちゃう?

この先が気になって仕方ない、という感じです!

 

子宮を貸してあらすじネタバレ感想まとめ!

とんでもない展開になってきた子宮を貸して4巻!

いったい高志と茜はどうなっちゃうのか?

この事実をしった円花はどうなっちゃうのか?

とにかくハラハラな展開でした。

しかも、斎藤満子の動きも気になるし。

茜は茜で何だか高志にどんどんハマっているし。…

どんどん雲行きが怪しくなる「子宮を貸して」です!