社畜と少女の1800日

社畜と少女の1800日1巻ネタバレ!〜社畜人生を変える生活の始まり〜

社畜と少女の1800日ネタバレ

社内でも社畜と呼ばれる冴えないSE(システムエンジニア)男の前に現れた一人の少女。

ここでは「社畜と少女の1800日」第1巻のネタバレを紹介していきます。

ある日の夜、突然現れた一人の少女との奇妙な同居生活を描いた第1巻

SEさんには身に覚えもあるようなシチュエーションも多々含まれているので社内SEされているかたは読まないほうが心のためにも良いかも知れませんよ♪

それでは「社畜と少女の1800日」ネタバレスタートです!!

 

「社畜と少女の1800日」1巻を無料で読めるサイトはこちら>>

 

「社畜と少女の1800日」1巻のあらすじネタバレ♪

社畜と少女の1800日第1巻のあらすじは?

ある日のよる社畜SE東根の前に現れた一人の少女「君島優里」

聞けば母親は高校時代に誰もが憧れた学年のマドンナ。

そんな彼女の母が残した書き置きには「ここ(東根)を頼れ」の一言。。。

突然の押し付けに困惑しつつも始まる他人の子との共同生活ですが、ふすまを開けた時に見えてしまった左肩の痣のあとの意味とは?

ネグレクト気味に育てられた優里は一見家事を完璧にこなせるが、大人に対し風邪気味でも申し出られない少女だったため、ついに風邪で倒れてしまう。

そんな時に、東根の会社でも風邪が流行り始め進行中の案件の納期が迫る中、次々と戦力が削がれていく状況で帰れない日々が続き、疲弊しきった彼の行動とは?!

そして東根宛に届いた優里の母からの手紙には「バスターミナルに来るように伝えてくれ」の一言が!!突然始まった同居生活は突然の終焉を迎えてしまうのか?!

激務な社内SEを中心に天使のような少女と、ひと段落着くたびに体の関係を求めてくる女上司が繰り広げる日常をお楽しみください。

 

「社畜と少女の1800日」1巻を無料で読めるサイトはこちら>>

 

「社畜と少女の1800日」1巻の感想→新生活!

「社畜と少女の1800日」1巻を読んだ感想をずばり書いてみますね!

※あくまで個人の感想です

 

感想①新生活は順調に?

男なら誰もが一度は妄想する突然現れた女性訪問者との同居生活。

しかもそれが中○生で家事が完璧で自分の生活費は新聞配達のバイト(中学生ってバイトいけるのかなぁ?)で稼ぐとか健気すぎます。

これはアレですか?現代版シンデレラですか?

ある日見つけた子猫を拾って親に見放された自分と重ねちゃう描写とか「あれ?何読んでるんだっけ?」って考えてしまうほど。

大人の目から見るときちんと自分のこと、周りのことをできる子供って理想的だし素晴らしいと思う反面、子供らしく甘えて欲しいと思う気持ちもありますよね?

今後の二人の関係性の変化も合わせて楽しんで行きたいですね。

 

感想②会社は相変わらず・・・

一方で東根の会社ときたら・・・

超一般的な現場度外視の社員が疲弊しまくり超絶ブラ○ク企業。

締め切りが近くて深夜、泊まりこみはザラ。

それなのに業績都合でメンバーを増やしてもらえない状況なのに更に厄介な案件が横から期日が短い別件が入ってくる始末。。。(あれ?目から汗が)

そんな中で案件がひと段落着くとガス抜きをしてくれる桐谷の存在。

個人的には良い関係性に見えて仕方ないですね(笑

IT業界の人ならきっと共感できる仕事面と非日常溢れる生活面が今後どう混ざり合って化学反応を起こすのか今後に期待がムクムク膨らみます!!

 

「社畜と少女の1800日」1巻を無料で読めるサイトはこちら>>

「社畜と少女の1800日」1巻のネタバレまとめ

いかがでしたでしょうか「社畜と少女の1800日」第1巻ネタバレ。

僕的には「旦那に黙ってればバレない」っていう一言が大好きです(笑

それでは続きが気になる「社畜と少女の1800日」第2巻でまたお会いしましょう!!